« とうとうけが人が出ました | トップページ | 「イエローマジック歌謡曲」が届きました »

2005年4月11日 (月)

「周恩来」はもういない

最近、「観劇記」を全然書いていません。すみません。引き続いて、中国の話題です。

中国では日本と違ってネットの書き込みや閲覧はきわめて制限されています。例えば中国大陸から台湾のサイトは見れないようになっているし、フリーメールを登録するときに携帯電話の番号を登録しないといけなかったり、掲示板に書き込む時も管理者の許可を得ないと書き込めないようになっています。つまり中国政府が「自発的な運動」と言っていても、その「自発的」な行為は政府が容認しているからこそ実行可能なのです。それが社会主義国中国の現状なのです。中国人はもちろんそれを知っているので、暴動ができるんです。

今回の暴動は、中国政府が日本の国連常任理事国入りを阻止するために中国人民がこんなに反対しているんだぞ、というのを特にアメリカに見せつけるために起こさせたと、今の段階で私は推測しています。暴動を抑えないことで「中国=人権抑圧」と見ているアメリカ政府に対して有効なアプローチだと思いこんでいるんでしょうね。でもその実、在中日本人の基本的人権を全く無視していることをアメリカ政府や世論は気づいてほしい。本当に今の中国政府には「周恩来」級の大人物がいないんだなぁ。あれほどの人物がそう出るわけでもないし、日本にもそういう政治家はいないと思うんだけど。国交回復前後のエピソードを本で読んだりすると、日中両国に多くの大人物がいたんだなと思ったりします。

日本政府も、二国間だけで解決しようと思わずに、イラクであんなに協力しているアメリカにも援護射撃してもらうぐらいの作戦でいかないと。在中大使を召還する、北京五輪をボイコットする、新規の中国人留学生就学生のビザを出さない、ぐらいの姿勢でいかないと、日本人がいくら「気にしない」と思っても、中国人に暴力を振るわれてからでは遅いのです。

中国人はとても日本製品が好きです。この場合の日本製品とは日本の会社が作った製品という意味です。特に電化製品やカメラなどは「日本製神話」的な考えを持っています。中国人だけではなく、他の国の人もに少なからずそうした考えはありますが、中国人はちょっとお金を貯めれば買えるようになってきただけに、欲しいと思うんでしょうね。日本人の私としては「どうせ中国で作ってるんだし、たいして変わらないんじゃないの?」と思うのですが、中国製であっても日本の会社のものであれば、違うんです。
あと、日本人女性は美人だという考えもあります。なんでか知りませんが、そう思いこんでいる節があります。

改めて書きますが、私は中国が好きです。北京が好きです。普段の中国人は日本人よりもうんと親切で(ちょっとおせっかいなぐらい)、ちょっと親しくなっただけですごく思いやってくれるし、日本社会で失いかけているものを教えてくれたりもします。もちろん日本の方がいいものもいっぱいあるし、それぞれ長所と短所があります。


だから、中国で最近起こっている反日暴動が日本人にとって全く理解できないものであること、自分たちでやっているように思っているかも知れないが、実は政府に利用されていることに中国人の若者は早く気づいて欲しい。64天安門事件からはや十数年。そのころの運動家はすべて海外に脱出し、中国にはほとんどいないはず。日本にもあの運動に参加した中国人が少なからず来ているはず。今や中国人の海外脱出はあのころの「自由を求めて」から「富を求めて」に変わっています。時代は変わりました。花見気分でデモに参加し、日本大使館に石を投げる若者達が嘆かわしい。こういうことが起こるたびに胸が痛みます。

|
|

« とうとうけが人が出ました | トップページ | 「イエローマジック歌謡曲」が届きました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1473246/38927463

この記事へのトラックバック一覧です: 「周恩来」はもういない:

« とうとうけが人が出ました | トップページ | 「イエローマジック歌謡曲」が届きました »