« 中国に行ってきました | トップページ | 「周恩来」はもういない »

2005年4月10日 (日)

とうとうけが人が出ました

日本では、今日とうとう上海で華東師範の留学生が殴られた事件が報道されていますが、中国のネット報道では今のところ全く報道されていません。
なんだかこういう事件が起こるたびに、バカ騒ぎしている中国人が自分で自分の首を絞めていることに気づいていないのが、かわいそうになります。しかも「日本人は悔しがっているだろう」なんて書き込みがあったりする。デモをするのはいいけれど節度を守らないと。日本人が中国人を危ない、やばい、危険な人たちとしか見ないことに早く気づいて欲しい。
もちろん冷静に見ている人もいっぱいいるけど、その人たちがただ見ているだけだから、暴動が抑えられないのです。中国政府も見て見ぬふりをしているし、まともに取り締まっていないから、留学生が被害に遭う。前の西安の時もそうだったけど被害に遭うのはサラリーマンではなく留学生なのです。それが腹立たしい。中国人も絶対相手を見ているからなぁ。たぶん中国人にとって中国にいる日本人サラリーマンは日本企業の管理職、偉いさんだから、その下に働く中国人がいっぱいいるわけで、サラリーマンを殴ればそこの企業が撤退し、多くの中国人従業員がリストラされるからやらないというのは考えすぎだろうけど。

私、1週間前に北京から帰ってきたのですが、暴動があと10日前にずれていたら、まさしくかぶっていたわけで、かぶったからといって暴動にぶち当たることは少ないと思いますが、なんだか考えてしまいます。
以前留学していた学校の漢語班の先生から、私の学生を紹介してくれと言われたけど、やっぱり今年は例年よりも日本人学生が少ないようです。アジア杯の暴動があったから当たり前だろうけど。私でも行かないや。北京の日本人留学生の総数が例年よりどれだけ減っているかはわかりません。どうなんだろう。

こんな暴動の主役は一人っ子政策のもとで生まれ、わがままいっぱいに育てられた「小皇帝」達だから、今日本にいるような中国人の人たちと全然雰囲気が違いますね。なんとなく中国の本当にできる若者は今ほとんど中国国内にいなくて海外に留学しているんじゃないかと思うなぁ。こういう認識は間違っているとは思うけど、やっぱり一人っ子政策って影響が大きいんだなぁと思う。
石家庄に行ったときに、ある人に中国の文化を勉強するのはどうかと聞かれておもわず「だんだん難しくなっていきますねぇ」と答えたら、そのおじさん達がその答えが気に入ったらしく、その後しばらくそのことで妙に話題が盛り上がっていきました。本当に知れば知るほど難しい中国。

|
|

« 中国に行ってきました | トップページ | 「周恩来」はもういない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1473246/38927464

この記事へのトラックバック一覧です: とうとうけが人が出ました:

« 中国に行ってきました | トップページ | 「周恩来」はもういない »