« 川劇の変臉 | トップページ | 上海逸夫舞台上演日程 »

2006年10月 6日 (金)

昨日の北京での「諸葛孔明」公演

昨日4日は北京で「三国志~諸葛孔明」の凱旋公演がありました。観劇した人の話によると、舞台の内容はかなり変更があって、実質は後半部分の「五丈原」の場面を、もとからあった京劇の脚本に沿った形で、前に「臙脂計」をつけて作り直したようですが、

なんと昨日は張建国さんは風邪をこじらせてしまい、病院から劇場直行で駆けつけ、話をするのもつらい体調の中、舞台の前半部分をつとめられたそうです。

さすがに最後の五丈原の長い唱の場面は李文林さんが担当されたそうですが、なんとも残念なことです。どうやら数日前舞台稽古中に風邪を引いてしまったらしいという話ですが、ゆっくり休んで早く回復されることを祈っております。

CCTVの録音が入っていたようですが、建国さんの状態が悪いので、録音を取り消したそうです。残念ですが、本調子でない舞台を録音して残しても仕方ありませんから。ただ今後この舞台が上演される可能性は低いらしいのですが、せっかく作ったお芝居をお蔵入りさせるのではなく、しばらくしたらまた上演してもらいたいものです。

今日5日も建国さんは「白毛女」の公演があるのですが、どうされたのでしょうか。無理をされない方がいいと思うのですが……

|
|

« 川劇の変臉 | トップページ | 上海逸夫舞台上演日程 »

演劇ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1473246/38927239

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の北京での「諸葛孔明」公演:

« 川劇の変臉 | トップページ | 上海逸夫舞台上演日程 »