« 「瀘水彝山」を見終わりました | トップページ | CCTV11今週(10月14日まで)のおすすめ »

2007年10月 8日 (月)

中国障害者芸術団「千手観音」日本公演

俳優祭の菊五郎さんのパフォーマンス、「北千住観音」の元ネタ(という言い方もどうかと思いますが)の公演です。

e+(イープラス)の情報です。http://sp.eplus.jp/mydream/

10月から12月にかけて、追加公演(のステージの方が多かったりして)も含めた案内です。

大阪の追加公演の会場が厚生年金からフェスティバルホールになったことだけでも、反響のすごさがうかがいしれます。

北京にいた頃に聞いた話では、中国障害者芸術団(中国残疾人芸術団-日本語の「障害者」は中国語では「残疾人」と言います)は、中国国内では鄧小平の息子鄧樸方氏(この方もたしか足が不自由だとか)が団長を務めていることでも有名な団体だそうです。

他の歌舞団や雑技団と同様に、海外公演を主軸にしている団体で、私が北京に留学していた頃、アメリカ公演が大盛況で中国国内でも話題になっていました。

日本では、たしか06年の愛地球博で千手観音の公演があって、その後日本テレビがを取り上げてから話題になった記憶がありますが、中国国内ではそれより少し後の春節晩会で千手観音が放映されてから有名になったようです。

中国残疾人芸術団公式HP「MyDream」(中文と英文)

パンフレットの写真がけっこうあってきれいです。

http://www.mydream.org.cn/

|
|

« 「瀘水彝山」を見終わりました | トップページ | CCTV11今週(10月14日まで)のおすすめ »

演劇ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「瀘水彝山」を見終わりました | トップページ | CCTV11今週(10月14日まで)のおすすめ »