« 来年三月に玉三郎さんの『牡丹亭』南座公演が | トップページ | 「演劇界史上初」? »

2007年11月12日 (月)

梅蘭芳大劇院11月28日開業

いつ開業するか定かでなかった、中国京劇院の新劇場、梅蘭芳大劇院がいよいよ11月28日に開業するそうです。客席は3階まであって、しかも立ち見席まであるとか。

それを期に「中国京劇院」も「中国国家京劇院」と改名するそうです。なぜ改名するのか、理由はまだ公式に発表されていませんが、私の推測では、少し前にCCTV11の取材番組で中国京劇院の宋副院長がおっしゃっていたことが理由だと思います。宋副院長の話では、京劇の海外公演に行くときに「京劇」の英語名が「PekingOpera」なので、北京京劇院とごちゃまぜになって困るのだそうです。北京京劇院は(たしか)北京市の京劇院で、中国政府の京劇院は中国京劇院しかないから、中国京劇院としては中国の国を代表して来ているのに、海外では混乱が起きる場合があるので、正式名称を変える話が出ているという話を確か今夏の番組でちらりとおっしゃっていました。

英語名にこだわるのはなんだか本末転倒な気もしなくはないですが、日本語的に「国立京劇院」とかいう名前の方が格がついたみたいな感じになるのと似た感じではないかと思います。

まあ、名前はどうであれ、良い舞台を、感動できる舞台を作ってくだされば、そしてチケットがあまり高くなければ、それで私は何もいうことはありません。

|
|

« 来年三月に玉三郎さんの『牡丹亭』南座公演が | トップページ | 「演劇界史上初」? »

演劇ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来年三月に玉三郎さんの『牡丹亭』南座公演が | トップページ | 「演劇界史上初」? »