« 4月8日付の人民日報に玉三郎さんインタビュー記事 | トップページ | 昆曲男旦七十年後再登舞台 »

2008年4月 9日 (水)

京都造形芸術大学「猿之助の世界 第四章 市川猿之助と女形」

昨日職場でチラシを見つけ、HPで確認しました。
他であまり情報が流れていないような気がするのですが…

京都造形芸術大学 京都芸術劇場 毛利臣男芸術監督プログラム2008
  猿之助の世界 第四章  市川猿之助と女形

   
日時 2008年5月10日(土)18:30開場 19:00開演
会場 京都芸術劇場 春秋座
料金 入場無料(全席自由席)

出演・・・市川笑三郎(歌舞伎俳優)

モデレーター・・・毛利臣男(京都芸術劇場 芸術監督)

第1部 講演 『市川猿之助と女形』 市川笑三郎×毛利臣男
第2部 映像で見る女形(市川猿之助出演作品) ダイジェスト上映
第3部 コスチュームインスタレーション 市川猿之助出演女形コスチューム展示
スーパー歌舞伎『カグヤ』より「日輪の女神」内掛け
『八犬伝』より「玉梓」「舟虫」「妙椿」など展示予定

同時開催 『猿之助の絵日記展』 
5/8(木)~16(金) 10:00~16:30 
※5/16(金)は16:00まで
劇場ホワイエにて開催

http://www.k-pac.org/theatre/koen/2008/sy080510/index.html

|
|

« 4月8日付の人民日報に玉三郎さんインタビュー記事 | トップページ | 昆曲男旦七十年後再登舞台 »

演劇ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月8日付の人民日報に玉三郎さんインタビュー記事 | トップページ | 昆曲男旦七十年後再登舞台 »