« 「大三国志展」の紹介映像 | トップページ | 沈(瀋)陽京劇院来日公演 京劇「花木蘭~ムーラン」大阪公演 »

2008年6月 6日 (金)

「新・水滸伝」製作発表

(7月3日一部追記)

二十一世紀歌舞伎組 「新・水滸伝」の製作発表の模様が以下のページにアップされています。
↓↓↓

http://www.dipps.co.jp/special/report/shinsuikoden/pressconference.html

これによると、まず段治郎さんがひざの治療のために休演されるという、残念なニュースがありました。でも治療に専念して欲しいと思います。

配役が発表されていました。

右近さん-林冲(水滸伝の主役の一人、京劇『野猪林』の主役として、中国人には水滸伝の英雄と言えばこの人物)

笑也さん- 扈三娘(「一丈青」というあだ名のある女豪傑。京劇の立ち回りのお芝居にときどき登場します)

猿弥さん-王英(風采が上がらない男ながら、女豪傑 扈三娘を倒し、そのご褒美で 扈三娘と結婚することになる)

笑三郎さん- 顧大嫂(あまり記憶にありませんが、どこかで飲み屋をやっている人だと思います)

春猿さん-孫二娘(峠の食堂を営みながら、そこで人肉饅頭を売る人です)

弘太郎さん-酒泉(普通、酒泉というとシルクロードの都市の名前なのですが… この人物は中国の検索サイトに検索をかけても出てこないので、どうやらオリジナルの人物のようです)

7月3日追記

「チケットぴあ」のサイトには弘太郎さんの役は時遷とありました。こちらの情報が正しいでしょうね。

ところで「水滸伝」にかかせない梁山泊のリーダー宋江は誰がやるのでしょう?

女形の俳優さんを全面にだすようなことを言っていますが、一丈青 扈三娘はいいとして、あとはキャラ的に同じような人物を集めた感じがします。全体的に「コモノ」なんですね…
もっと悪い女性達が出てくるのに、その人達を置いておくというのは、知らないというわけではなく(そう思いたい)、たぶん演出的にも、俳優的にも、時間的にも、難しいから、舞台化できる自信がないのでしょうね。


|
|

« 「大三国志展」の紹介映像 | トップページ | 沈(瀋)陽京劇院来日公演 京劇「花木蘭~ムーラン」大阪公演 »

演劇ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「大三国志展」の紹介映像 | トップページ | 沈(瀋)陽京劇院来日公演 京劇「花木蘭~ムーラン」大阪公演 »