« 一部の動画が見れなくなっています | トップページ | 大阪松竹座7月大歌舞伎 幕見席あります »

2008年7月13日 (日)

元禄期初代坂田藤十郎の和事舞台復活

京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター主催
    上方和事研究会 シンポジウム+実験上演

「元禄期初代坂田藤十郎の和事舞台復活」

2008年9月23日(火・祝) 13:30開場 14:00開演
京都芸術劇場 春秋座

【2008年6月23日(月)発売開始】
  料金: 1,000円
  ※前売・当日とも上記料金
  ※全席指定

【 プログラム 】

 

1)公開シンポジウム『夕霧七年忌』上演をめぐって
    研究者と実技者が舞台復元過程についてそれぞれの視点から発表します。
    パネリスト:坂田藤十郎(歌舞伎俳優)、中村翫雀(歌舞伎俳優)、藤舎呂船(邦楽囃子方六世家元)、諏訪春雄(学習院大学名誉教授)
    司会・進行 田口章子(京都造形芸術大学教授・舞台芸術研究センター主任研究員)

 

2)実験上演『夕霧七年忌』
    遊女狂いで勘当の身となった伊左衛門が、亡くなった恋人夕霧の七年忌に、二人の間にできた娘おせきを廓に売って借金を返済しようとする筋。登場人物の全てが互いに相手を思いやるしみじみとした情感が舞台を支配します。
    監修:坂田藤十郎 演出・主演:中村翫雀 舞台音楽監修:藤舎呂船

http://www.k-pac.org/theatre/koen/2008/sy080510/index.html

|
|

« 一部の動画が見れなくなっています | トップページ | 大阪松竹座7月大歌舞伎 幕見席あります »

演劇ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一部の動画が見れなくなっています | トップページ | 大阪松竹座7月大歌舞伎 幕見席あります »