« 2010年南座歌舞伎鑑賞教室 | トップページ | 3月から4月初旬までの劉錚さんの公演日程 »

2010年3月 8日 (月)

梅葆玖氏、上海万博で玉三郎さんとの共演計画を語る

現在、中国では日本の国会にあたる「両会」(全人大と政協)が開かれています。日本のマスコミでは格上の全人大の方しか取り上げないのですが、京劇などの文化政策はもう一つの政協の方で取り上げられることが多く、京劇関係のニュースは主に政協の方から出てきます。

政協委員の一人である梅葆玖氏が、6月の上海万博で玉三郎さんと共演することを記者に話しておられます。このほかにアメリカ公演の予定なども語っておられます。

人民ネット

ここでは上海万博の開幕式で上演すると出ていますが、この記事を御覧になった靳飛氏が、慌ててご自身のブログで、開幕式ではなく、公演は蘭心大戯院で行われることを表明されています。

(3月12日追記)

昨年の『牡丹亭』上海公演の際に、今年の上海万博での公演は『牡丹亭』ではなく、『楊貴妃』で、梅葆玖氏は京劇の『貴妃酔酒』、玉三郎さんが歌舞伎舞踊の『楊貴妃』、そして能楽から関根祥六氏の能『楊貴妃』が上演されるというニュースが出ていました。ところが今回の靳飛氏のブログには中日版昆曲『牡丹亭』とあります。具体的にどうなるかはこれから発表されていくと思われます。

|
|

« 2010年南座歌舞伎鑑賞教室 | トップページ | 3月から4月初旬までの劉錚さんの公演日程 »

演劇ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2010年南座歌舞伎鑑賞教室 | トップページ | 3月から4月初旬までの劉錚さんの公演日程 »