« 董飛さん主演昆曲『怜香伴』北京公演(追記) | トップページ | 歌舞伎座の閉場と今後の歌舞伎について、なんとなく思うこと »

2010年4月22日 (木)

スーパー歌舞伎新作

読売新聞の「時代の証言者」、今日が猿之助さん最終回だったのですが、スーパー歌舞伎新作について触れておられます。

新作はなんでも『新・三国志』の外伝的なものになるのだそうで、個人的に最初の『新・三国志』が見たいと思っていた私は、その時期の話で、笑也さんの劉備が出てくる話が良いなと思っています。

前から気になっていましたが、『新・三国志』って、趙雲がいませんよね? (いたらごめんなさい、記憶にないので…) 外伝という字を見て「趙雲を主役にするのかと一瞬思ったのですが、趙雲は地味なキャラなので、それで一つの話にはしにくいかなぁと思います。

いっそのこと染五郎さん愛之助さんのBL歌舞伎の流れをうけて、江森備の私説三国志を舞台化するのもどうかと思ったり。でもそれなら孔明は誰がやるのかしら?(右近さんにはあのキャラは似合わない。段治郎さん?) 

まあ、でも違うでしょうね…


|
|

« 董飛さん主演昆曲『怜香伴』北京公演(追記) | トップページ | 歌舞伎座の閉場と今後の歌舞伎について、なんとなく思うこと »

演劇ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 董飛さん主演昆曲『怜香伴』北京公演(追記) | トップページ | 歌舞伎座の閉場と今後の歌舞伎について、なんとなく思うこと »