« 2月松竹座大歌舞伎片岡仁左衛門昼夜の仇討 配役(少しだけ) | トップページ | 京都南座顔見世の番付に載っている南座今後の歌舞伎関係の公演 »

2010年12月16日 (木)

国家京劇院2011年度新春公演

国家京劇院のHPで、来年春節(旧暦の正月)時期の公演が発表になりました。

詳しくは国家京劇院のHP、またはそれをまとめた私の中国語のブログの方を御覧下さい。

↓↓中国のブログです↓↓↓

http://blog.sina.com.cn/s/blog_4d7cb1b90100ohx8.html

注目は、張建国さん主演で三顧の礼を描く京劇だと思われる『臥龍出山』が2月6日に梅蘭芳大劇院での公演が発表されていることです。この作品は来日公演『三国志-諸葛孔明』のように、これまでにあった京劇の脚本をダイジェストにした形で作られているようで(昔の脚本はだいたいが長いので)、来年2月の春節の時期にようやく上演の運びとなったようです。

国家京劇院の人事で、これまで三団の実務を担当していた人達が二団に移動したので、これまで以上に二団と三団の交流が深まるのではないかと予想していましたが、そうした傾向は2011年新春公演でも見て取れます。劉錚さんが主役の舞台もかなりあります。もはや完全に二団の看板俳優の一人になっている感じです。

|
|

« 2月松竹座大歌舞伎片岡仁左衛門昼夜の仇討 配役(少しだけ) | トップページ | 京都南座顔見世の番付に載っている南座今後の歌舞伎関係の公演 »

演劇ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2月松竹座大歌舞伎片岡仁左衛門昼夜の仇討 配役(少しだけ) | トップページ | 京都南座顔見世の番付に載っている南座今後の歌舞伎関係の公演 »