« お能を見に行きました(片山定期能6月公演) | トップページ | 大阪市民歌舞伎「仮名手本忠臣蔵 十段目 天川屋義平内の場」 »

2011年6月 7日 (火)

9月は松竹座も大歌舞伎

海老蔵さんが怪我をされる前に、今年の9月の松竹座は海老蔵さんが座長の歌舞伎公演が予定されていたようなのですが、海老蔵さんが怪我をされてからは、歌舞伎美人にももちろんその予定は消えていました。でも今日歌舞伎美人に発表された演目には海老蔵さんだけではなく、團十郎さんも出演されることがわかりました。

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/osaka/2011/09/post_23-ProgramAndCast.html

現在の歌舞伎の舞台で中国古典を題材にした作品としてたまにかかる『華果西遊記』が松竹座ではじめて出ます。(段治郞さんはやはりまだお出にならないのでしょうか)。松竹座には是非中国語での案内も作ってほしいところです。

また個人的に、右近さんの『悪太郎』が出るのがうれしいです。

成田屋父子の『勧進帳』(7月新橋と逆で海老蔵さんの弁慶)に、團十郎さんの『河内山』は見応えがあるでしょうし、海老蔵さんの『若き日の信長』や、翫雀さんの『幸助餅』など、昼夜ともに楽しみな演目が続きます。壱太郎くんも出ます(うれしい)

9月は新歌舞伎座もありますし、これは関西の歌舞伎ファンにはうれしい悲鳴です。

|
|

« お能を見に行きました(片山定期能6月公演) | トップページ | 大阪市民歌舞伎「仮名手本忠臣蔵 十段目 天川屋義平内の場」 »

演劇ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お能を見に行きました(片山定期能6月公演) | トップページ | 大阪市民歌舞伎「仮名手本忠臣蔵 十段目 天川屋義平内の場」 »