« 役者たるもの舞台上で死ねれば本望とは言いますが | トップページ | 澤瀉屋襲名披露公演配役詳細発表 »

2012年3月 9日 (金)

澤瀉屋襲名披露公演演目決定

新橋演舞場での二代目猿翁、四代目猿之助、九代目中車襲名披露公演の演目が決定したそうです。

ヨミウリオンライン「市川亀治郎さん・香川照之さん、襲名披露で共演」

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120309-OYT1T00658.htm

この記事によると、スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」が6月7月二ヶ月連続上演で、四代目猿之助と九代目中車の共演、あとは二代目猿翁(今の猿之助さん)が口上に出演されること、九代目中車(香川さん)が、6月に岡本綺堂作「小栗栖の長兵衛」と、「将軍江戸を去る」で、市川宗家の團十郎、海老蔵と共演、とあります。

長年、歌舞伎界の異端児とされてきた澤瀉屋が、血縁重視の襲名を行うことによって、市川宗家との仲を修復して、歌舞伎界の本流に戻る、というのが印象づけられることになると思います。

「小栗栖の長兵衛」は聞いたことのない演目なので、歌舞伎公演データベースで調べて見たら、初代猿翁ゆかりの作品で、戦後では二代目猿之助(初代鴛鴦)主演で1946年と47年に上演され、2002年に市川右近さん主演で再演されています。しかし右近さんは澤瀉屋ゆかりの大概の作品は上演されているのですね。

一部の演目しか出ていないので、全部の演目を知りたいところです。

私は6月7月は毎年仕事が忙しいので、東京にはとても行けないと思います。関西に来たら、見る予定です。

|
|

« 役者たるもの舞台上で死ねれば本望とは言いますが | トップページ | 澤瀉屋襲名披露公演配役詳細発表 »

演劇ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 役者たるもの舞台上で死ねれば本望とは言いますが | トップページ | 澤瀉屋襲名披露公演配役詳細発表 »