« 十月に松竹座で、愛之助、壱太郎、吉太朗の三人連獅子 | トップページ | 新歌舞伎座『新・水滸伝』見て来ました »

2013年8月 3日 (土)

夏休み文楽特別公演 第二部と第三部を見に行きました

久々の文楽。張り切って前の方の席を取ったら、字幕が見にくかったので、次回は頑張ってもう少し後ろの席を取ろうと思いました。(ちょうど良い位置の席はいつも取れないんですよね…)

妹背山も、夏祭も何度か見た記憶があるのですが、今回の公演では、それぞれ、私が見ていない段も上演されて、興味深く見れました。咲大夫さんも、以前聞いた時のような、絶好調というわけではありませんでしたが、聞き応えありました。

第三部の夏祭、特にお辰のところは、良かったですね。住大夫さんは、さすがに以前よりは声量が落ちた感はありますが、それでも十分でした。簑助さんのお辰がまたとても良くて、お辰はこうでなくっちゃ!と思いました。以前歌舞伎で中村屋のバージョンを見たのですが、その歌舞伎のバージョンではたぶんはしょっていた(はっきり覚えていないが、そういう話をしていた記憶がない)、磯之丞が大店のお嬢さんに手を出して、横恋慕した男を殺してしまって、隠れている、というくだりが丁寧に説明されたので、三婦がお辰に磯之丞を任せられないというのも、説得力が加わります。お辰にしては自分が不義をすることを疑われたわけですから、当時としては、武士ならばおそらくその場で死んでもおかしくないほどの言いがかりなわけです。お辰は武士ではありませんが、徳兵衛の奥さんとして、やはり不義の可能性を疑われたら、今の常識では考えられないほどのショックを受けたのだと思います。今の言葉で、人格を否定されたということに近いのだと思います。おまえとは不義をするだろうから、若様は預けられないと言われたら、言われた方としては、黙って「はいそうですか、それではお預かりできません」とは言えないわけです。そうすれば不義をする可能性を認めたことになります。なんて優れた脚本だと、今更ながら、感心せずにはいられません。

第2部と第三部と続けてみて、さすがにしんどかったですが、それ以上に堪能できた一日でした。やっぱり文楽は生で見ないと!

|
|

« 十月に松竹座で、愛之助、壱太郎、吉太朗の三人連獅子 | トップページ | 新歌舞伎座『新・水滸伝』見て来ました »

観劇記(日本)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ご無沙汰しています。
わたし「夏祭」は無条件に好きです。夏狂言のなかでいちばん好きな演目です。

11月は「伊賀越」の通しです。いまからワクワクしています。
11月16日終演後「だしまきの夕べ」を予定しています。
いつの間にかメンバーが増えました。
よろしかったら、ぜひご参加ください。いたってお気楽な会です。

投稿: やたけたの熊 | 2013年8月 8日 (木) 08時15分

やたけたの熊さん、お久しぶりです。

11月の「伊賀越」の通し、いいですねぇ。なんとか都合をつけて見に行きたいと思っています。「だしまき」は一度参加したきり、ご無沙汰しております。終演後から始まるので、帰宅時間を考えると参加は厳しいですが、皆様のご様子は楽しく拝見しております。

投稿: 紅娘 | 2013年8月10日 (土) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 十月に松竹座で、愛之助、壱太郎、吉太朗の三人連獅子 | トップページ | 新歌舞伎座『新・水滸伝』見て来ました »