« 京都南座 九月花形歌舞伎「壽三升景清」 | トップページ | 11月文楽公演『双蝶々曲輪日記』 »

2014年10月25日 (土)

10月23日放送「ビーバップハイヒール」文楽特集

2014年10月23日放送の朝日放送「ビーバップハイヒール」は文楽の特集でした。私は直前にテレビ欄で気がついたのですが、あまりの疲労(仕事疲れ)に番組を録画にまかせ、11時半に寝てしまいました。

今さっき録画した番組のうちの文楽の部分を見たのですが、咲寿大夫さんのイケメンぶりが炸裂しておりました。普段着の咲寿大夫さんが彼女を文楽劇場に案内するという設定のミニドラマだったのですが、若手イケメン俳優顔負けのVTRにスタジオも、かっこよすぎて、(内容が)全部飛んでしまう、というぐらいでした。

以前から咲寿大夫さんはイケメンとして有名でしたが、普段着でのドラマ仕立てという視点は、この番組スタッフの着眼点のすごさに感服しました。

(番組HPでは「咲寿太夫」となっていますが、「大夫」の間違い。番組では「大夫」となっていました)

以下、番組HPからの引用です。

http://asahi.co.jp/be-bop/backnumber.html

2014年10月23日(木)

大阪発!ザッツエンターテインメント 世界が称賛する文楽

出演者

ハイヒール(リンゴ・モモコ)
筒井康隆、江川達也、たむらけんじ
チュートリアル(徳井・福田)
夏川純
八塚彩美(ABCアナウンサー)
ゲストブレーン
くまざわあかね

日本が誇る最高の人形芝居であり、ユネスコの無形文化遺産にも登録される「文楽」。太夫と呼ばれる“語り”と“三味線”に合わせて“人形”が繰り広 げる文楽は、大阪が生んだ極上のエンターテインメントだ。大阪市による補助金削減という逆風を乗り越え、今やブーム到来の兆しも!? そもそも、文楽の誕 生は江戸時代初期、三味線と歌うような語りでドラマを伝える「浄瑠璃」と、簡単な「人形芝居」が出会い、「人形浄瑠璃」が誕生。その面白さに人々は熱狂 し、初の専用芝居小屋が建ったのが道頓堀だった。その後、文楽の人気作品を歌舞伎が取り入れたことで客を奪われるが、文楽を立て直す救世主が登場。その男 の名が植村文楽軒だったことから、「文楽」と呼ばれるようになった。そんな文楽の世界に誘ってくれるのが、落語作家のくまざわあかね先生。落語作家として 活躍する一方、文楽を25年もの間、見続けているというくまざわ先生が、文楽の魅力をたっぷりと紹介する。

文楽の魅力は、「太夫と三味線、人形遣いのバランスがとれていること」というくまざわ先生。文楽は世界の人形芝居の中で唯一、一体を3人で操るのが 特徴だ。命を吹き込まれた人形は、人間に似ているのではなく、人間を超えた表現で登場人物の深い内面を伝える。そんな人形の演技を導くのが、登場人物の台 詞や情景描写を語る太夫と、人物の感情の機微を表現する三味線の旋律。この三業が一体となり、壮大なドラマが描かれていく。そんな文楽の魅力を名作の名場 面から紹介。実話に基づいた、恋に狂った女の情念を描いた名作では、女の首(かしら)に特殊な仕掛けがしてあるが、これには一同も仰天する!ダメ男の猟奇 的殺人を描いた作品では、その迫力のパフォーマンスに圧倒。しかも、江戸時代には一度しか上演されなかったというが、現代でもありそうな理由とは!?源氏 と平家が戦った「壇ノ浦の戦い」に翻弄された遊女の物語では、スタジオの一同が「すごい!」と、人形遣いの超絶した技に感嘆の声を上げる。

スタジオには、実際に公演で使われている文楽人形の首(かしら)も登場。一同が興味津々のなか、人形遣いの桐竹紋秀さんが様々な仕掛けを楽しく解説する。

文楽作品の中でも最高傑作の呼び声が高い「曽根崎心中」は、大阪で実際に起こった事件をもとに近松門左衛門が作った大ヒット作。その名作を文楽の名場面とともに解説する。迫真のクライマックスには一同も大感動!文楽に魅了される。

また、イケメン若手太夫の豊竹咲寿太夫さんが大阪にある日本で唯一の国立文楽劇場をご案内!俳優のような甘いマスクでオススメポイントを紹介する咲寿太夫さんにはハイヒールもすっかりハマる!?

|
|

« 京都南座 九月花形歌舞伎「壽三升景清」 | トップページ | 11月文楽公演『双蝶々曲輪日記』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都南座 九月花形歌舞伎「壽三升景清」 | トップページ | 11月文楽公演『双蝶々曲輪日記』 »