« 2016年6月に「琉球舞踊と組踊 春秋座特別公演」が開催 | トップページ | 梅葆玖氏逝去 »

2016年3月29日 (火)

歌舞伎座6月大歌舞伎は三部制

以前からちょっと報道にあった、8月以外の歌舞伎座での三部制実施が、6月に行われることが発表されました。

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/play/484

「義経千本桜」を三部に分けて公演するという形で、自然な形だと思いますが、三部を全部見ると割高になるのは致し方ないところなのでしょうか?

幸四郎、染五郎の高麗屋と猿之助等澤瀉屋に松也、巳之助など若手と、梅玉、魁春の一幕がつく形になっています。

ここで、私が個人的に注目したいのは、かねてから美形との噂のある、市川右近さんの長男タケルくんの初お目見えがあることです。 しかも銀平娘お安 実は安徳帝というかなり難易度の高いお役ですね。

歌舞伎座では昨年の秀山祭九月大歌舞伎で大谷桂三さんのご長男井上公春くんが初お目見得になっていますが、来来月の五月に菊之助さんのご長男寺嶋和史くん初お目見得に続く(ちょっと毛色は違いますが)六月大歌舞伎での初お目見得というのはとてもおめでたいことだと思います。

|
|

« 2016年6月に「琉球舞踊と組踊 春秋座特別公演」が開催 | トップページ | 梅葆玖氏逝去 »

演劇ニュース」カテゴリの記事