« NHK「にっぽんの芸能」で、システィーナ歌舞伎「美女と野獣」を見た | トップページ | 2016年6月5日「琉球舞踊と組踊」 京都造形大春秋座公演 »

2016年5月26日 (木)

市川右近さんが市川右團次襲名へ! 屋号も高嶋屋へ!

先程、右團次の名跡復活のニュースが飛び込んできました。

YOMIURI ONLINE

右近さん、三代目右団次襲名…長男が二代目右近

http://www.yomiuri.co.jp/culture/20160526-OYT1T50188.html?from=ytop_photo

Yahoo ニュース

スポニチアネックス

市川右近「三代目右團次」襲名を発表 約80年ぶり復活

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00000115-spnannex-ent

スポーツ報知

「右團次」が80年ぶり復活!市川右近が3代目襲名へ…6歳長男は2代目右近で初舞台

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00000146-sph-ent

NHK NEWS WEB

市川右近さんが「市川右團次」襲名へ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160526/k10010536191000.html?utm_int=news-life_contents_list-items_003

私は歌舞伎に関しては、単に見るのが好きな人でしかなく、誰か特定の役者さんの後援会やファンクラブには入っていません。それで、この襲名はもちろん全く知らなかったことですが、以前から(猿之助・中車襲名の頃から)、個人的に右近さんには右近さんの実力にふさわしい名跡を襲名して欲しいと思っていました。

できれば上方にゆかりのある名跡で、松竹座の三階にある名優達の写真を眺めては、市川右團次か實川延若を襲名できればすごいだろうな、と一人で勝手に考えていました。ただ右團次は右之助さんがいるから無理かなと思っていました。

来月6月の歌舞伎座で、ご子息のタケル君が、芸名を名乗って「初舞台」で十分にいい年齢とお役にもかかわらず、本名の「武田タケル」で「初お目見え」だったので、おかしいなと思っていました。そしてまたまた勝手に「タケルくんは二代目市川右近を襲名するかな、そうしたらお父さんはどうするのかな」と思っていました。

なんだか後出しじゃんけんみたいで、変な感じですが、私の勝手な想像(妄想)をこの場で書くのもどうかと思って、ずっと書かずにいました。

でも「そうなったらいいな」と思ったことが実現することになって、嬉しい反面、正直とても驚いています。

右團次という名跡を襲名することで、右近さんは市川宗家の弟子筋となり、タケルくんの息子さん達が歌舞伎俳優の道を歩むなら、右近さん達の「家」は、将来、澤瀉屋と肩を並べる市川宗家の弟子筋の家となる道がひらけてきます。屋号が高嶋屋に変わることは、それを端的に表しています。海老蔵さんが将来のために市川宗家の周辺を固めようとしておられることは、部屋子さんを何人も取ったり、もと坂東薪車さんに市川九團次を襲名させたりという積極的な姿勢からもうかがえますが、この右團次襲名にも、海老蔵さんの男気を感じざるを得ません。

新右團次さんには、これまでの澤瀉屋での演目の継承とともに、上方歌舞伎の演目も積極的に演じて欲しいと、切に願っています。上方の名跡なので、新橋演舞場だけでなく、大阪松竹座でも襲名披露公演をしてほしいです。そして中村鴈治郎との何十年ぶり(?)かの共演も期待しています。

|
|

« NHK「にっぽんの芸能」で、システィーナ歌舞伎「美女と野獣」を見た | トップページ | 2016年6月5日「琉球舞踊と組踊」 京都造形大春秋座公演 »

演劇ニュース」カテゴリの記事